肩こり解消ストレッチ


つらい肩こりの症状には、こまめにストレッチを行い、凝り固まった筋肉を柔らかくほぐすようにしましょう。

ただし、カッチカチになった筋肉やひどいコリの症状には、激しいストレッチや運動、長時間のマッサージは逆効果になります。

症状がひどいと感じる場合には、ソフトな感じでゆっくりとマッサージを行いつつ、筋肉のコリをほぐせるようにしてください。

最近では、仕事場や家庭で、長時間パソコンを操作している方も多くなっています。

同じ姿勢を取り続けていると、キーボードの操作をしている腕支えている肩の筋肉が凝りはじめ、それが原因となって背中や首の痛みや頭痛といった症状に発展します。

さらに症状がひどくなると血流のが悪くなりますので、眼精疲労や慢性的なけんたい感、冷え性といった症状も引き起こします。

血行が悪くなると仕事の効率も同時に悪くなりますので、能率がアップするようにストレッチを取り入れるようにしてください。

職場でも椅子に座ったままできるストレッチがあります。

深呼吸を取りながらリラックスを意識するようにしましょう。

頭の後ろに腕を回し、反対方向へゆっくりと引っ張って二の腕部分や背中、肩の筋肉を伸ばすようイメージで行いましょう。

この場合、肘を固定し上半身をそのまま横にひねるように引っ張ると、脇腹部分の筋肉をほぐす事もできますので、全身の凝りをほぐすことが出来ます。

両手20秒づつの1セットを行うと血行がよくなり脳が活性化されますので、仕事もスムーズに行うことができるでしょう。

1時間仕事に集中した後に1回のストレッとを取り入れることが望ましいのですが、難しい場合には午前に1回、午後に2回程度は緊張をほぐすせるようなストレッチを実践してみてください。

2015-04-30