肩周辺のツボ押しで肩こり解消!


おはようございます。
浦安のいちご整体院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。
肩の周辺には、さまざまなツボがあります。

仕事のちょっとした時間を見つけて簡単にできるツボ押しを覚えておくことで、肩こりのつらい症状を緩和できますので、この機会にツボの場所を覚えておくといいでしょう。

まず首と後頭部の境目あたりにある天柱(てんちゅう)というツボです。

首を前に倒した時に飛び出る骨を軽く挟んで外側に指2本分の場所にあるツボです。

肩こりを感じている方が無意識にその部分を指圧していることもありますが、筋肉の凝りを解し、血液の流れをスムーズにしてくれますので、肩こりの症状を緩和できるだけでなく、頭がすっきりとし、眠気を改善し、効率良く仕事を進められます。

ハンドタオルなどをポットのお湯で浸し、軽く絞って首のあたりにあて、患部を温めた後指圧をするとより効果を期待できます。

次に首の付けんで乗風(へいふう)というツボは、肩井より背中にあるつぼで、肩のこりや筋肉のはりを柔らかくする効果があります。

肩甲骨の上部にあり、外側から指3本分の場所にあります。

真上から真っすぐ、指圧するといいでしょう。

強く押しすぎると、筋肉が逆に、緊張してしまう事もありますので、痛みを感じない程度を目安に指圧してください。

10秒から20秒、気持ちのよい程度に指圧をしていくと滞っていた血液がスムーズに流れ、すっきりとした気持ちになります。

その他にもオフィスの椅子に座ったままでできる肩こり改善方法としては、椅子に軽く腰掛けた状態で、下腹部分に力を入れます。

背中をまっすぐに伸ばし、肩を前から後ろに回し引くようにしましょう。

そのまま力を抜いてストンと落とし、同じようにゆっくりと肩を上に引き上げ開くように後ろに引っ張るとストンと力を抜きます。

この動作を10回ほど行うだけでも肩の凝りを解し、全身の疲れを改善しやすくなります。

この運動は、猫背を改善する効果も期待できますので、仕事の合間を使って定期的に取り入れるようにしましょう。

2014-09-27