膝痛と水分の関係


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

膝に水がたまるという話をよく耳にすると思いますが、膝に水なんてたまるの?なんて不思議に思う方も多いようです。

膝の痛みは、歩行が困難になるまでの激痛が走ると言われており、症状がひどい場合には、手術で水を抜き取る場合もあるようです。

変形性膝関節症というものにより、関節の軟骨がすり減ってしまいます。

この関節軟骨こそが水分の正体なのですが、関節軟骨の8割が水分で構成されているのです。

後の2割にコラーゲンやタンパク質という成分があります。

年齢と共に健康的な関節軟骨の状態を維持できず、水分がなくなってしまいます。

その為膝を形成している骨と骨とが直接ぶつかり合うことで、膝の痛みを発症させていると言われているのです。

この痛みを緩和する方法としては、常にみずみずしい関節軟骨を維持することとなります。

年齢と共にすり減ってしまう関節軟骨を若い頃のようにプリプリの健康的な状態を保つためには、水分の補給が重要だと言われています。

ただ生活をしているだけで水分が失われてしまいますので、最低でも1日に2リットルから2.5リットルは、摂取する必要があります。

水分が体内から不足してしまうと、血液の流れも悪くなり、いわゆるドロドロ血を作ってしまう事になります。

どろどろ血は、流れを悪くするだけでなく、体内の老廃物などを排出できなくなりますので、美容や健康維持にも悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

口から水分を摂取した場合、関節軟骨に水分を運ぶことは非常に難しく、時間がかかってしまいますので、毎日最低でも2リットルは飲むようにしてください。

普段からあまり水分を補給しないという方にとって、2リットルの水を飲むというのは、意外に大変な事になります。

一度に大量の水を飲む必要はありませんので、数回にわけて、こまめに飲むようにしましょう。

即効性もありませんが、水分を摂取するということは、健康的な体をキープするためにも必要最低限の事です。

乾燥している季節などは、特に十分な水を摂取するようにしてください。

2014-10-07