骨粗しょう症改善にはハイハイ歩きが効果的

https://www.youtube.com/watch?v=nTzBIRKYXrkおはようございます。
浦安のいちご整体院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。年齢を重ねるごとに深刻な問題になるのが、骨粗しょう症です。

これまで元気な高齢者の方が、寝たきりになりその結果認知症へとつながる大きな原因の一つに骨粗しょう症による骨折があります。

何かしらの状況から骨折をし、そのまま寝たきりになってしまうと外へ出る楽しみなどが奪われ、その結果ボケなど認知症へなるといいます。

特に中高年の女性に骨粗しょう症が多いと言われており、骨密度が低く、ちょっとしたことで骨折を引き起こしやすくなっているのです。

骨粗しょう症の方は、年齢を重ねるとともに、腰や背中がまっすぐに保てず、自然と前に曲がってくるといいます。

背骨の骨が弱く、横の筋肉に負担がかかりますので、つらい痛みを訴える方が増加しているようです。

腰や背中が曲がってくると、歩くときの姿勢が当然悪くなりますので、膝に大きな負担がかかりますので、転びやすくそれにより骨折をしてしまうといいます。

骨粗しょう症にならないためにも若いうちから、食生活を見直し、カルシウムなど骨を強くする食事を積極的にとるように、日頃から注意をすることが大事です。

また適度な運動を取り入れ、筋力アップを行うことも重要なポイントとなるでしょう。

骨粗しょう症が気になる方にオススメの運動が、赤ちゃん歩きです。

赤ちゃんがハイハイして前進運動は、背中や腰の筋肉の緩和をほぐし、バランスを良くする効果があります。

畳やカーペットの上など、素材がやわらかな場所を選んで四つんばいになってください。

背中の筋肉に意識し、伸ばすような姿勢でハイハイをしましょう。

1日に30分は継続してハイハイ歩きを行ってください。

足腰が弱い人や運動が苦手な方でも気軽に取り入れる事ができます。

子育て中の方は、お子様と一緒に楽しくできますので、大変オススメです。

2015-03-30