1日15分の足裏健康法


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

足は第二の心臓という言葉は誰しもが聞いた事があると思います。
足の裏には、数多くのツボが集まっており、体内のあらゆる器官と直結した神経が集中しているのです。
ですから血行不良となり、足の裏に老廃物が溜まってしまうと、身体に様々な悪影響を及ぼすと言われています。

足裏健康法は非常に簡単で、短時間で行う事ができますので、適度なマッサージを取り入れて、健康的な状態を維持するようにしましょう。

私たちは日々2本の足で歩いていますので、体重を支える為に足裏は日常的に酷使しています。
このことを踏まえ、毎日少しずつでも継続してマッサージを心がけるようにしましょう。

主婦の方であれば長時間立ち仕事をするキッチン等に竹踏みや足ふみマット等を置いておくだけでも手軽に足裏を刺激することができます。

その他にも椅子に座ったままの状態で、かかとを床につけ、指先だけを持ち上げて足の指を伸ばしたり、縮めたり、広げたりを20回から30回の2セット行いましょう。

次に右膝に左の足首をのせ、親指を左右に10回、反対の足も同様に行います。
さらに足の指全体の間に、手の指をすべて絡ませて、外側に押しながら揉みほぐします。
左右5回づつ行いましょう。

最後に爪先立ちを5秒キープ、かかとから下ろして元の位置に戻る。
これを10回行なって終了です。

1日たったの15分、しかも自宅でもオフィスでもどこでも取り入れる事ができますので、簡単に健康を維持する事ができますよ。

2015-03-03