Archive for the ‘むくみ’ Category

手のしびれに対応するツボ

2015-03-11


おはようございます。
浦安のいちご整体院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。
運動不足な中、無理に筋肉を使った後に…手にしびれを感じたことはありませんでしょうか?一時的なしびれであれば、特に気にする方もいらっしゃらないでしょう。

しかし、そのしびれが長時間続いていたとしたら…?最悪、数日たってもしびれが取れなかった場合、不安にもなってきますよね。

ましてや痛みを伴うしびれであれば、日常生活に支障をきたしてしまうでしょう。

湿布を張っても治らず、お医者さんに行ってもこれといった病名もなく…「でも痛いし、しびれが治まらない…」。

そんな時は【手の三里】(てのさんり)というツボをマッサージしてみましょう。

急な運動作業によって引き起こされた手のしびれは、筋肉が疲労を感じていたり傷んでしまった時に起こる可能性が非常に高いのです。

前腕の親指側で肘を曲げた時にできるシワから手首の方向に指2本分ほど下がったところが手の三里のツボになります。

親指を当てて、ゆっくり軽めに刺激してみましょう。

疲労してしまった腕や手の筋肉を優しくほぐしてあげるイメージでマッサージしてみてくださいね。

手のしびれと言っても、手の筋肉だけが披露しているとは限りません。

腕の筋肉の疲労から手に連動して症状が出てしまっている場合もあります。

手の三里のツボはそんな腕と手の筋肉疲労回復に効果的なツボですので、手にしびれや痛みを感じた時にはぜひとも手の三里の刺激をしてみてください。

繰り返してマッサージをしていくうちに、すーっと痛みが引いてくるかと思います。

太ももを細くするマッサージ

2015-03-09


血液の流れが悪くなると皮下脂肪が蓄積されやすくなります。

脂肪細胞が増加し、脂肪と老廃物がからみ合うことでセルライトという脂肪の塊を生み出してしまいます。

セルライトは特に女性に多くみられ、なんと約8割の女性にセルライトがあると言われているのです。

女性は男性に比べて脂肪分が多いことが原因ともいわれていますが、セルライトができてしまうと、肌にデコボコとして症状が起こり、見た目の印象が、オレンジの皮に見えることからオレンジピールスキンと呼ぶ事もあるそうです。

セルライトは脂肪の多い場所、太ももや二の腕、ふくらはぎやおしり等の部位に多く発症しやすく、運動不足の女性や、代謝の悪くなった中高年女性に多くミられると言われています。

太くボテボテした足や、ぷるぷるの二の腕など、見た目の印象も当然悪くなりますが、ホルモンバランスの乱れや血行不良といった症状によりセルライトができていると考えれますので何かしらの内蔵疾患を発症しているというケースも考えられます。

出来てしまったセルライトをそのままにしておくと、循環器系に大きな影響を及ぼす場合がありますので、できるだけ初期の段階で改善出来るようにしましょう。

セルライトができやすい太ももの部分を軽く摘んだり、揉んだりする程度で、セルライトを改善することができます。

脂肪や老廃物の塊でできていますので、その塊をほぐすと言ったイメージで行うと効果が高くなります。

セルライトを取り除くマッサージは血液の流れが良くなっているお風呂上りが一番効果的であると言われております。

3分から5分程度、太ももを手で包み込み、不要な老廃物を血液に押し流すようなイメージで親指を使ってマッサージを行いましょう。

軽くマッサージを行った後は、寝そべった状態で、足の甲にタオルをかけ、その両端を手でもって背中側に引っ張るように、10秒静止してください。

左右10回づつ行ったら、今度は、枕やクッションの上であぐらをかいて、そのまま前屈して10秒静止、さらに後ろに身体を倒してさらに10秒静止、このストレッチを5セット程度行うことで、リンパの流れを良くする事ができます。

滞っていたリンパの流れが改善されると血行が良くなり、循環器系を活発にすることができます。

自宅で簡単にできるセルライト除去運動ですので、継続して行うようにしましょう。

1日15分の足裏健康法

2015-03-03


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

足は第二の心臓という言葉は誰しもが聞いた事があると思います。
足の裏には、数多くのツボが集まっており、体内のあらゆる器官と直結した神経が集中しているのです。
ですから血行不良となり、足の裏に老廃物が溜まってしまうと、身体に様々な悪影響を及ぼすと言われています。

足裏健康法は非常に簡単で、短時間で行う事ができますので、適度なマッサージを取り入れて、健康的な状態を維持するようにしましょう。

私たちは日々2本の足で歩いていますので、体重を支える為に足裏は日常的に酷使しています。
このことを踏まえ、毎日少しずつでも継続してマッサージを心がけるようにしましょう。

主婦の方であれば長時間立ち仕事をするキッチン等に竹踏みや足ふみマット等を置いておくだけでも手軽に足裏を刺激することができます。

その他にも椅子に座ったままの状態で、かかとを床につけ、指先だけを持ち上げて足の指を伸ばしたり、縮めたり、広げたりを20回から30回の2セット行いましょう。

次に右膝に左の足首をのせ、親指を左右に10回、反対の足も同様に行います。
さらに足の指全体の間に、手の指をすべて絡ませて、外側に押しながら揉みほぐします。
左右5回づつ行いましょう。

最後に爪先立ちを5秒キープ、かかとから下ろして元の位置に戻る。
これを10回行なって終了です。

1日たったの15分、しかも自宅でもオフィスでもどこでも取り入れる事ができますので、簡単に健康を維持する事ができますよ。

足裏の反射区刺激で腰痛、肩こり解消!

2015-03-01


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい

肩こりや腰痛、頭痛や背骨の痛みなどは、体のどこかの機能に異常がある場合が多く、本来の原因となっている部位とは、全く別の場所に筋肉の緊張症状や知覚的痛みといった症状を引き起こします。

このように体のどこかが悪くなり、全く別の場所に痛みを発症させることを反射(はんしゃ)とよんでいます。

特に足裏には、体のすべての部分における病気の症状が分かるような反射区と言われるものが存在します。

例えば、慢性的な腰痛の症状で悩んでいる方の場合にもこの反射区にサインが現れます。

土踏まずの内側部分とその横の小指周辺まで広がる部分を押すとかなりの痛みを感じると言われています。

現在腰の痛みがある方は、足裏の反射区を押してみると良いでしょう。

また腰の動きが硬く、凝っている場合には、足裏の反射区も硬くなっている事があります。

腰痛の症状で悩んでいる人は、足裏の反射区の血行をほぐすようにマッサージを取り入れるといいでしょう。
指で指圧したり、たけふみをするだけでも効果があります。

初め指圧する場合、飛び上がるほどの痛みを感じる方もいるようですが、その痛みを我慢して刺激を
与え続けることで、腰が軽く、スムーズに動けるようになります。

反射区の違和感も徐々に軽減されますので、最終的に刺激されている事が気持ちよく感じるようになるでしょう。
土踏まずの内ヘリ部分は、背骨の反射区で、その左右に腰の反射区があります。

腰の痛みと足裏の反射区をよく照らし合わせ、痛みがある場所を重点的に刺激してあげるといいでしょう。
ただし、同じ場所ばかりをたたくのではなく、左右バランスよく刺激してあげましょう。

1回につき3分の1日2回を目安におこなってください。
就寝前にご家族の誰かに踏んでもらうのもいいですよね。

足首を細くするツボ

2015-02-12


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

「この太い足、何とかならないだろうか…」と思った方、いきなり小枝のような足を求めるのではなく、まずは“細い足首”を目指してみませんか?

足首が引き締まるだけでも、全体のバランスから見ればスタイルの良い足に見えるのです!下半身すべてを細くするにはかなりの時間を要します。

目標を掲げて頑張ってみても、なかなか視覚的に結果が出てこなければ…途中で挫折してしまう可能性の方が高いと思いません?

自分が納得できるような体型に近づくためには、大きすぎる目標をいきなりのゴールにしてしまうのは失敗するダイエット方法だと思います。

中には強靭な精神でクリアされる方もいるのでしょうが、すべての人がそうとは限りません。

そもそも、それくらいの精神があれば、初めから体型にコンプレックスを抱く方は少ないでしょう。

どうしても誘惑や挫折によって自分に甘くなってしまう方の方が多いのです。

人間ですから仕方ないことで、別にだらしないとか生活が不摂生だと非難されることでもありません。

しかし、現状よりももっと素敵な体型にあこがれるのも人間の性分なのでしょうね。

美しい下半身を手に入れたいならば…美しい足首を手に入れることから始めることをおススメします。

【解谿】(かいけい)という、足首の関節の前面中央、ちょうど2本筋の間にあるツボがあります。

解谿は代謝を高め足首を細くする効果が高いと言われているツボです。

親指を使って強めに刺激してみてください。

まずはここから始めましょう!

腰痛改善ひも体操

2015-01-08


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。
つらい腰痛を改善するために、ストレッチを取り入れて、筋肉のはりを改善しましょう。

腰痛改善のアイテムやグッズは、数多く販売され、便利なものからハイテク機能を搭載しているものまで幅ひろく存在します。

ただし、価格も高額なものなどもありますので、なかなか購入できないと諦めている人も多いでしょう。

しかし自宅にあるものでも簡単に腰痛改善ができますので、まずは、簡単なストレッチから取り入れましょう。

どのご家庭にもあるひもを使った腰痛改善体操を紹介します。

ひもの素材は、特に問題ありませんが、切れやすいものを使用するととても危険ですから、できるだけ丈夫なひもを使うようにしましょう。

ひもの長さは90センチくらいが良いでしょう。

腰の幅程度に、足を広げ、下腹部やお尻をぎゅっと引き締めた格好で仁王立ちします。

あごをひき、肩幅くらいに両腕を開き、ひもを両手に持ち軽く引っ張ります。

そのままの状態で、左に体をひねります。

この場合ひもがたるんだり、短くなったりしないように注意をし、上半身だけをひねるようにしましょう。

ゆっくりと深呼吸をしながら、左右交互に行います。

インナーマッスルに意識をしながら行うとより効果を期待できます。

立っておこなうのがつらい場合には、椅子に腰掛けた状態でも問題ありません。

左に10回、右に10回を毎日2セット続けるようにしましょう。

女性の場合、ウエストを細くする効果もありますので、スタイルアップにもつながるでしょう。

足湯で腰痛予防と美容効果

2014-12-06

ほとんどの女性は、冷え性の症状を抱えていると言われています。

体の冷えは、体調の不良をひきおこす要因となってしまいます。

しかも体が冷えてしまうと、内臓機能の低下などを引き起こし、正常は働きをストップしてしまいます。

そのため、体の隅々へ栄養や酸素を送り届ける事が難しく、筋肉の炎症や冷えといった症状を伴ってしまうのです。

体の冷えは、血液の流れを止めてしまい、いわゆるドロドロ血の状態になりますので、腰痛を悪化させてしまう要因にもなるのです。

ホルモンのバランスをも崩してしまいますので、腰の痛みが激しい生理痛や生理の不順、更年期障害などの悪化にもつながってしまうでしょう。

高齢者の場合には、体の冷えは命に関わる重篤なケガや病気の原因にもなりますので十分な注意が必要です。

体の冷えには、半身入浴も効果がありますが、もっと手軽な方法に足湯があります。

足湯は両足が入る程度の洗面器と、適度な湯があればすぐに取り入れる事ができます。

洗面器に40度から45度程度の湯を準備し、のんびりを足をつけてください。

アロマ精油などを数的たらすと香りを楽しむ事ができますので、心身ともにリラックスできる時間を作れます。

足は、第二の心臓とも言われている部分で、十分に温めることで、全身へ血の巡りがよくなりますので、筋肉の炎症を予防してくれるのです。

冷えが改善されると代謝機能も活発にありますので、体の内から元気を作る事ができます。

美容や便秘解消効果もありますので、現在腰痛だけでなく、さまざまな体調の悪さで悩んでいる場合に足湯をとりいれてみると良いでしょう。

ただ注意をしてほしいのが、足を入れっぱなしにしていると湯の温度が下がっている場合があります。

温度が低くなると逆に体全体を冷やしてしまうことになりますので、温度や40度から45度をキープできるように心がけましょう。

足のむくみ解消のツボマッサージ法

2014-12-02


「ヒール3センチ以下は認めない!」と言わんばかりに、3センチ以上のヒールを履かれる女性は多いでしょう。

たしかに、高いヒールを履いた足は美しく見えます。

性的な魅力をも引き起こすほどに魅力的です。

女性から見た場合は、あまり感じられないかもしれませんが、かかとの高いハイヒール、あのなめらかな美しい曲線のラインに魅力を共感する女性は多いですよね?

ハイヒール型のアクセサリーや小物の人気が高いのも、その傾向からではないでしょうか?また、男性目線から見た場合…ヒールの有り無しで女性の魅力が大きく左右されると言う話も聞いたことがあります。

このようなことから、男女ともにハイヒールやヒールの高い靴を履いた足にたいする興味があるということが言えますよね。

しかし、いくら美しいラインを出せるからと言っても…辛いでしょう。

常に爪先立ちをしているような体制で1日を過さなければならないのですから!かかとの高い靴を家に帰って脱いだ時、「あぁ、足がむくんでいるなぁ」と感じる方がほとんどでしょうね。

ヒールのないぺったんこの靴を愛用されている方でも、1日中立ち仕事をされてらっしゃる方は同様でしょう。

そんなむくみには【承山】(しょうざん)のツボ刺激が効果的ですよ!

承山は、ふくらはぎの曲線のちょうど真ん中あたり、アキレス腱とお肉の境目あたりにあります。

1日頑張ってくれた足へのご褒美として、むくみ切ったふくらはぎをマッサージしてあげましょう。

こむら返りに効果のあるツボ

2014-11-04


夜中急に足の痛みで目が覚める事はありませんか。

立ちっぱなしの仕事をしている場合には、こむら返りを引き起こすことがあります。

眠い目をこすりながら、痛みと格闘する日々をおくっているという人もいるようですが、1日の疲れを改善できずに、疲れた足をそのまま放置してしまうと、歩き方にも影響をおよぼします。

からだを支える足がしっかりと支えにならずにいると全体のゆがみを引き起こしますので、筋肉の疲労や、骨格のゆがみなど多くの悪影響を与えていまします。

足の疲れによるこむら返りに効果のあるつぼがありますので、ツボ押しの方法を覚えておきましょう。

こむら返りに効果的なツボは、委中(いちゅう)というツボです。

委中(いちゅう)は、膝を伸ばした時に、その裏の部分にできる凹みを指します。

膝の裏にシワが数本できますので、その中央あたりに委中(いちゅう)があります。

こむら返りを引き起こしている場合には、委中(いちゅう)が引きつった状態になっていますので、この部分を指圧してあげましょう。

体育座りのような格好をつくると、膝の裏に親指を当て、もみほぐすように指圧しましょう。

10秒ほどかるく指圧すると次第にこむら返りによる痛みを緩和できます。

その他にも特に仕事で足を酷使しているわけでもなく、こむら返りを引き起こしやすいという場合には、内臓機能の低下が原因の場合があります。

その症状を改善する方法は、足の薬指と小指の間の股の部分と、足の甲のくぼみの部分にあるツボを指圧することです。

10秒ほど時間をかけてゆっくりと指圧することで、徐々に痛みが緩和できます。

3分間のむくみ解消法

2014-10-30


長時間たちっぱなしの仕事をしている人や、家事や育児で立った姿勢が多いという方は、夕方になると足がぱんぱんにむくみ、重くだるい、疲れがとれないといった症状を引き起こします。

これは血行不良が引き起こしていると思われますので、なかなか足の疲れがとれない、太ももから下が、太くパンパンに張った状態になっている、夕方になるとブーツやヒールがスムーズに履けないといった悩みがある方は1日たったの3分で解消できる方法がありますので、試してみるといいでしょう。

1日たったの3分のむくみ解消法は、お風呂の時や後など、体が温まっている状態で行うのがより効果的です。

足のむくみを解消できるだけでなく、全身の疲労回復や冷え性改善効果もありますので、深く質の良い眠りを実感できます。

まず涌泉(ゆうせん)のツボを指圧します。

涌泉は、足の裏にあるつぼで、足の裏を見るとたてに伸びる線のちょうど真ん中あたりにあります。

足の裏を見るとちょうと凹みができますので、手のひらの下、一番肉厚な部分を使ってグーッと押します。

ちょっと痛い気持ちい程度に凹みに押し入るようにしましょう。

10秒押したら2秒離すを繰り返し、1分程度指圧しましょう。

次に太衝(たいしょう)のツボを指先でマッサージします。

太衝は、足の親指と人差し指の骨の交わる場所にあります。

人指と中指を使って、ググっと痛気持ちよい程度に指圧しましょう。

10秒押したら2秒離すを繰り返し、1分程度指圧しましょう。

最後に太谿(たいけい)と崑崙(こんろん)のツボを軽くもみほぐしましょう。

太谿は、くるぶしとアキレス腱の間にあるツボで、崑崙(こんろん)はその真逆の外側のくるぶしとアキレス腱の間にあるツボとなりますので、はさみ込むように親指と人指でマッサージをしてください。

こちらも10秒押したら2秒離すを繰り返し、1分程度指圧しましょう。

1日たったの3分間、就寝前に行うと足の疲れがとれ、血行が良くなりますので、ぐっすりと睡眠を取る事ができます。

疲れている旦那様にしてあげると夫婦間も良くなりますよね、大変オススメです。

« Older Entries Newer Entries »