Archive for the ‘健康’ Category

夏バテ解消・ツボ刺激!

2015-08-15

何となく身体がだるくなって食欲も落ちてしまう暑い夏、皆さんは毎年どのように対策していらっしゃいますでしょうか?

健康を保とうという意識はあっても、クーラーを効かせた室内と目まいを起こしそうな外との温度差に、どうしても体調を壊してしまう方も多いのではないでしょうか?

夏が近づくと、あらゆるところから“夏バテ予防”やら“夏バテ対策”とのフレーズが飛び交ってきますが、効果的な方法はありましたでしょうか?

色々と実践してみたものの「これと言った方法」って…意外になかったりしません?

毎年毎年、手を変え品を変え、夏バテに効果があると聞いては試してみては失敗…の繰り返しではなかったでしょうか?

「これが夏バテに効く!」と自信を持って言えることは、振り返ってみて思い返しても…心当たりがない方が多いのが現状でしょう。

ぜひとも【足三里】(あしさんり)という、足の表側で向こうずねの縁の少し外側、親指をすねに当てたときに小指が当たるところにあるツボを刺激してみてください。

足三里は、夏バテに効果的なツボと言われています。まずは夏バテに強い体を作るために足三里のツボ刺激をおススメします!

夏バテで疲れてしまった体の免疫力を高める働きがあり、消化や排せつの働きを上手にコントロールする効果も期待できますので、余分な物を吐き出してすっきりとした体を保つことが可能になるでしょう!

1度は試して頂きたい夏バテ対策です。今年の夏は足三里の刺激で乗り越えてみましょう!

夏の食中毒の予防方法

2015-08-14

梅雨から盛夏にかけては食中毒が起こりやすくなります。

健康な人では感染しても症状が出ないケースもありますが、抵抗力の弱い高齢者や子どもはリスクが

大きいので、家庭でも十分注意する必要があります。

食中毒を防ぐ3原則があります。

①菌をつけない=洗う ②菌を増やさない=低温で保存する ③菌を殺す=加熱処理する 

この3つです。

では、家庭でできる具体的な食中毒予防のポイントです。

まず、食品の購入にあたっては、新鮮なものを選び、消費期限なども確認します。

肉汁や水分が漏れないよう肉や魚はビニール袋に分けて包みます。

家に着いたらすぐに冷蔵庫に入れましょう。

肉や魚はビニール袋のまま保存します。

冷蔵庫内の温度は10度以下、冷凍庫は零下15度以下に保ちます。

調理では、生肉や魚を切った後は包丁やまな板を必ず洗い、そのまま生で食べる食品を

切るのは避けます。

基本は洗ったうえ熱湯をかけることです。生肉や魚は生で食べるものから離したり、こまめに

手を洗うことなども大切です。

加熱は、中心部分の温度75度で1分以上が目安です。

作った料理は調理後2時間以内に食べ、残ったらきれいな容器に入れ、冷蔵庫へ。

温め直すときも75度以上で十分加熱します。

リウマチ・膠原病に有効なグルカンについて

2015-05-18

グルカンは、グルカンとは、ブドウ糖が多数結合した物質の総称と定義されて
います。

きのこや酵母由来のもので、免疫を調整してくれるといわれております。

リウマチや膠原病は、免疫が暴走してしまい、自分自身に攻撃してしまっている状態
のことを自己免疫疾患と呼ばれています。

そこでグルカンは、免疫が過剰時には免疫反応にブレーキをかけ、免疫が低下しているときには
活性化させるといった非常に優れた役割をもっています。

癌やリウマチ、膠原病にお悩みのかたがいらっしゃいましたら、無料サンプルや健康相談会なども
行なっておりますので、遠慮なくご相談ください。

血液を浄化する作用が期待できる霊芝(れいし)

2015-05-17

霊芝にはアミノ酸やβ-Dグルカン、カルシウムやリン、マグネシウム、カリウム、
ナトリウム、鉄、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラル類が含まれており、体内の
バランスを正常に戻し、血液を浄化する働きが期待されています。

霊芝はキノコの一種で、免疫力を高めたり、血圧・血糖値を安定させたり、
アレルギー症状を緩和したりと様々な効果が期待できます。

またじっとしてもうずくような炎症症状にも、ヒスタミンを分解する効果もある
そうで、じっとしても痛いという方は、痛み止めのくすりも服用しながら霊芝を
とられると楽になった、痛みから解放されたという方もいらっしゃいます。

なお霊芝にご興味のあるかたは、当院でも取り扱っておりますので、遠慮なくご相談
ください。無料サンプルもご用意しております。

体温調節について

2015-05-16


高温で身体の調節機能が働かなくなる「熱中症」になりやすい季節になってきました。

日本生気象学会では、夏本番前に準備しておくと効果があることを提案しています。

7月に入るまでに、少し汗をかくくらいの運動を1日30分間、週3回程度繰り返すことです。

運動を続けると血液量が増え、体温の調節機能が改善します。

これによって、夏場に同じ運動をしても暑さに対して強くなり、心拍数の上昇が抑えられ
ることになります。

運動をした直後、糖質とたんぱく質を多く含む牛乳などの食品を摂取すると効果が

上がるようですよ♪

冷えの原因は・・・ その2

2015-05-14


おはようございます。
いちご整骨院の鬼頭です。

昨日は冷えの原因が3つ考えられることをお伝えしました。

原因は3つ考えられます。
①血液の汚れ              (食事)
②運動不足による足の筋ポンプ機能の低下 (運動)
③ストレス               (こころ)   の3つが原因として考えられます。

血液は汚れやすいのですが、血液をきれいにする方法があります。
身土不二(しんどふじ)という考え方で、自分の身体と土は一体であり、自分の住んでいる
国や土地でとれたものを食べよう。また季節・風土・緯度にあった旬の食べ物を選ぶことが
大切という考え方です。

野菜の消化は1時間~2時間で、炭水化物は8~12時間です。
さらにお肉となると、10~24時間かかるといわれています。

消化に時間がかかるものを多く取ると、腸をたくさん働かせなくてはなりませんので、内蔵が疲れて
きます。
そうすると血液の中に、まだ消化しきれていないものが残ったり、血液を内臓の消化に使ってしまいますので
手足の血流量が減少して、むくみなど血液をよどみ、汚れてしまいます。

食事は、人を良くすると書きますので、今一度食事の選び方も大切になってきます。

腹式呼吸ウォーキングで姿勢を矯正しよう

2015-05-12


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

近年インターネットの普及に伴って仕事やプライベートでも、長時間画面に向かって作業をしている人が多くなっています。

1日の大半をパソコンに向かっている時間に費やしているという方は、肩甲骨が開き気味になり、肩が前に出た状態になりますので、自然と頭が前にたれるいわゆるねこ背の状態を作ってしまうのです。

自分では姿勢を悪くしているつもりはないと思いますが、知らず知らずに悪い姿勢が癖になっている可能性がありますので、鏡の前で自分の姿勢をチェックしてみるといいでしょう。

姿勢が悪くなると、首や肩に強い負荷がかかりますので、筋肉が常に緊張した状態になります。

その状態が長く続くと、首の痛みや肩のこり、それにともなった頭痛や腰痛、不眠症などの体の不調となって症状をでてきます。

さらに症状を悪化させてしまうと、O脚や外反母趾なども引き起こしますので、姿勢の悪さを改善する必要があります。

姿勢の悪さは見た目の印象も良くありませんので、特にビジネスシーンでは初対面にマイナスのイメージをあたえてしまう事もあるでしょう。

そこでオススメなのが、姿勢を矯正しながらつらい肩こりや頭痛、腰痛や背中の痛みを改善する運動があります。

呼吸に注意をしながらウォーキングをする運動があります、その名もおなか深呼吸ウォーキングです。

まず腹式呼吸の仕方ですが、息を吸う時は、できるだけ大きく鼻から息を吸います。

はく時には、口をタコのようにすぼめてゆっくりとはききりましょう。

この時のポイントは、吸うときは5秒、はくときはその倍の10秒かけてはききるということです。

さらに背筋を伸ばした状態で腹式呼吸をする必要があります。

なぜなら横隔膜を活発にするためには、背筋が伸びていないと正しく機能できませんので、姿勢を正した状態で行うようにしましょう。

慣れるまでは、腹式呼吸をすることも難しいと思いますので、おなかに手のひらをあてて、正しく呼吸ができているか確認しながらウォーキングをするようにしましょう。

5秒かけて鼻から息を大きく吸って、10秒かけて口からはき出しながらゆっくりとウォーキングをします。

1日に30分程度でも効果がありますが、毎日続ける事がより姿勢をきれいにすることにつながりますので、無理のない程度にできるだけ毎日行うように心がけましょう。

この腹式呼吸は、ウォーキング以外にも日常生活に取り入れることで、腸の動きを活発にできますので、便秘解消にも効果があります。

ウォーキングの時間に限らず、通勤や通学、テレビを見ながらでも取り入れる習慣をつけてみてください。

足裏マッサージで腰痛改善

2015-05-10


1日の疲れがなかなか取れない、よく眠れない、頭痛や腰の痛み、慢性的な肩こりの症状など体の不調を感じた場合には、独自の判断でマッサージをしたり、薬を過剰に摂取したりせずに、出来れば専門医や整体などを受診する事が望ましでしょう。

体の不調を感じると、別の部分に痛みや違和感などの症状が現れます。

その症状を反射(はんしゃ)といいますが、足の裏の土踏まずの部分には、体全体の病気や症状が現れる反射区(はんしゃく)というものがあります。

長年腰の痛みに悩んでいる方の場合は、この反射区といわれる土踏まずの部分から小指のあたりまで広がる反射が確認されます。

腰の痛みを抱えている人は、足裏の部分を押すと強い痛みを感じるはずです。

逆に足裏の土踏まずの部分を押すとコリやはり、痛みを感じる方は、体に何かしらの異常があると思われます。

慢性的な腰の痛みを伴っている方は、足裏の土踏まず部分のコリやはりをほぐすといいでしょう。

はじめはかなりの痛みを感じてしまうと思いますが、根気よくマッサージを行うと次第にコリやハリが解消され、腰の痛みや背中にあるコリなどが解消できると言われています。

反射区をマッサージした後にトントントンとリズムよく、10秒程度たたきましょう。

反対の足も同様に行い、1日に朝、昼、晩と行うことで、次第にコリを解消できますので、腰痛を改善できます。

あまりやり過ぎるとよくありませんので、1回にかける時間は、1分から3分程度で抑えるようにしましょう。

老化、ガン予防に効果のあるファイトケミカル

2015-05-09


野菜や果物などに含まれるポリフェノール、カロテン、イソフラボンなど「ファイトケミカル」

(植物がつくる物質)と呼ばれる物質の健康効果がわかり始めてきました。

ファイトケミカルの成分や作用の研究が進んできたのは、この10年ほど。

これまでに判明している成分は約1500種類。

確認されている生理作用は3つあります。

ひとつは細胞の老化などにかかわる酸素の働きを抑える「抗酸化作用」。

代表はポリフェノールで、ブドウやブルーベリーに含まれるアントシアニン、大豆のイソフラボン、

お茶のカテキンなどがこの仲間。

トマトやスイカに含まれるカロテノイドの仲間リコピンにも強力な抗酸化作用があります。

2つ目は免疫細胞を増やしたり働きを高めたりする作用。

キャベツや玉ネギ、ニンニクなどに含まれるイオウ化合物、バナナの香り成分であるオイゲノ―ル

などが該当します。

3つ目はガンの発生や増殖を抑制する作用で、温州みかんに多く含まれている

ベータ・クリプトキサンチン、ニンジン、カボチャなどに含まれるベータ・カロテンなど

カロテノイドの仲間にこの作用があります。

  

このように健康維持に役立つ成分ですが、過剰摂取するとアレルギーを引き起こす場合があることも

わかっています。妄信せず様々な野菜をバランスよく食べるのが一番のようです♪

飲み過ぎで弱った肝臓修復のツボ

2015-05-06


会社の付き合い、友人付き合い、色々な付き合いをしなければ人間関係をスムーズに保つことは難しいですよね。

行きたくなくても参加しなければいけない飲み会や、心底楽しんで参加しているような飲み会など、大人になれば良くも悪くも“お酒の席”は欠かせなくなってしまうのは仕方ないでしょう。

ただ、すべてのことに対する基本は“健康”ですよね。何よりも“体が資本”です。健康な体が無ければ仕事もできませんし、遊びに行くことだってできなくなってしまいます。

収入が途絶えるだけではなく、治療などの出費や生活費がかさむばかり…そんな生活になってしまっては、元も子もないでしょう。今回は“肝臓”に効果的なツボのご紹介です。

お酒といえば肝臓ですよね?

お酒を摂取する日々が続いたり、ついつい飲み過ぎてしまって過剰摂取をしてしまったり…。

見えない内臓がどうなっているのかは、内臓が壊れて痛みを発信してくるまでは分からないところです。

痛みを感じてからでは遅い可能性だってありますよね?もちろん、1番大切なことは“自分で抑制する”ことなのですが、お酒が入ると自分をコントローすることも難しいかもしれませんね。

そんな時、少しでも肝臓の負担を減らすために【肝兪】(かんゆ)のツボを刺激する癖を付けておきましょう。

肩甲骨の下から背骨に向かってなぞり、そこから指2本分下がりましょう。その背骨の位置から両端に各指2本分外側にある場所が肝兪です。

たいていの方は手の届く範囲ではあると思いますが、万が一届かなかった場合、家族や友人の手を借りて押してもらってください。

« Older Entries