Archive for the ‘冷え性’ Category

冷えの原因は・・・ その3

2015-05-15


おはようございます。
いちご整骨院の鬼頭です。

原因は3つ考えられます。
①血液の汚れ              (食事)
②運動不足による足の筋ポンプ機能の低下 (運動)
③ストレス               (こころ)   の3つが原因として考えられます。

今回は、③のストレスについてお伝えしたいと思います。

身体が急激なストレスを感じたときに、アドレナリン・ノルアドレナリンというホルモン
が分泌されます。

アドレナリンは、血管収縮
ノルアドレナリンは、血液の凝固に関係します。

ストレスは血行を悪くして、冷えの原因となります。
気持ちによって左右されやすいので、リラックスできる環境をつくってあげるのも大切です。
お風呂や、アロマ、リラックスできる音楽などを上手に取り入れてあげるといいでしょう。

冷えの原因は・・・ その2

2015-05-14


おはようございます。
いちご整骨院の鬼頭です。

昨日は冷えの原因が3つ考えられることをお伝えしました。

原因は3つ考えられます。
①血液の汚れ              (食事)
②運動不足による足の筋ポンプ機能の低下 (運動)
③ストレス               (こころ)   の3つが原因として考えられます。

血液は汚れやすいのですが、血液をきれいにする方法があります。
身土不二(しんどふじ)という考え方で、自分の身体と土は一体であり、自分の住んでいる
国や土地でとれたものを食べよう。また季節・風土・緯度にあった旬の食べ物を選ぶことが
大切という考え方です。

野菜の消化は1時間~2時間で、炭水化物は8~12時間です。
さらにお肉となると、10~24時間かかるといわれています。

消化に時間がかかるものを多く取ると、腸をたくさん働かせなくてはなりませんので、内蔵が疲れて
きます。
そうすると血液の中に、まだ消化しきれていないものが残ったり、血液を内臓の消化に使ってしまいますので
手足の血流量が減少して、むくみなど血液をよどみ、汚れてしまいます。

食事は、人を良くすると書きますので、今一度食事の選び方も大切になってきます。

冷えの原因は・・・  

2015-05-13


いちご整骨院です。
本日は冷えの原因についてです。
女性の方でお風呂に入ったり、お灸をしたりしているけれども中々からだの芯からポカポカに
なりくいというお悩みがあるかと思います。
そこで、どうしてあっためていても中々冷え性が改善しないのか?知りたい方も多いと思います。

原因は3つ考えられます。
①血液の汚れ              (食事)
②運動不足による足の筋ポンプ機能の低下 (運動)
③ストレス               (こころ)   の3つが原因として考えられます。

血液はとても汚れやすいです。
ちなみに血液は約4か月、細胞は約10か月で入れ替わると言われておりますので、

ですので4か月前に食べたものが今の60兆の細胞をつくっていると言われます。
食事改善して体質を改善していくにも最低4か月は必要となります。

明日以降、食事改善や運動など健康についてお伝えしていきたいと思います。

足裏マッサージで腰痛改善

2015-05-10


1日の疲れがなかなか取れない、よく眠れない、頭痛や腰の痛み、慢性的な肩こりの症状など体の不調を感じた場合には、独自の判断でマッサージをしたり、薬を過剰に摂取したりせずに、出来れば専門医や整体などを受診する事が望ましでしょう。

体の不調を感じると、別の部分に痛みや違和感などの症状が現れます。

その症状を反射(はんしゃ)といいますが、足の裏の土踏まずの部分には、体全体の病気や症状が現れる反射区(はんしゃく)というものがあります。

長年腰の痛みに悩んでいる方の場合は、この反射区といわれる土踏まずの部分から小指のあたりまで広がる反射が確認されます。

腰の痛みを抱えている人は、足裏の部分を押すと強い痛みを感じるはずです。

逆に足裏の土踏まずの部分を押すとコリやはり、痛みを感じる方は、体に何かしらの異常があると思われます。

慢性的な腰の痛みを伴っている方は、足裏の土踏まず部分のコリやはりをほぐすといいでしょう。

はじめはかなりの痛みを感じてしまうと思いますが、根気よくマッサージを行うと次第にコリやハリが解消され、腰の痛みや背中にあるコリなどが解消できると言われています。

反射区をマッサージした後にトントントンとリズムよく、10秒程度たたきましょう。

反対の足も同様に行い、1日に朝、昼、晩と行うことで、次第にコリを解消できますので、腰痛を改善できます。

あまりやり過ぎるとよくありませんので、1回にかける時間は、1分から3分程度で抑えるようにしましょう。

入浴で肩こりを改善

2015-05-01


つらい肩こりの症状で悩んでいる人の原因は、人それぞれとなりますが、ほとんどの人が血行の流れが悪くなっている事が原因としてあげられます。

肩こりの症状が慢性化している肩の場合、ぬるめの湯にゆっくりと首のあたりまでつかることで、改善出来ることがあります。

ぬるめの湯を首までつかることで、体の芯から全身の神経までくまなく温める事ができますので、全身の血行を促進できます。

さらに肩こりのひどいと思われる部分に直接シャワーを当てるとより血流をよくできます。

その場合の湯の温度は、45度前後が最適だと言われています。

湯の温度が熱すぎると、瞬間的に体を温めることはできますが、長時間の入浴ができなくなります。

体を芯から温めるには、少なくても30分から50分程度は湯につかる必要がありますので、温度は熱すぎず冷たすぎずの45度前後が良いとされています。

長時間の入浴が苦手という場合は、シャワーの温度を変えながら交互に入浴する方法がおすすめです。

シャワーの温度を変えながら入浴する方法を行うことで、血行促進効果が非常に高く、肩の筋肉をほぐすことができます。

まず42度程度のシャワーを4,5分しっかりと浴びましょう。

その後20度程度のシャワーを再び浴びます。

この動作を6回から7回程度は、繰り返し行いましょう。

その後は、熱い湯をたっぷりと浴び終了します。

血行不良が原因の肩のコリは、夜よりも朝の方が症状がひどい場合が多いですから、この方法を取り入れた内容で、朝晩2回の入浴をするようにしましょう。

入浴後は、手足の指先を軽くマッサージしてあげるとより肩こりの症状をすっきりとさせる事が出来ます。

また肩関節をほぐすようにグルグルをうでを回しましょう。入浴による肩こり改善方法は、冷え性で悩んでいる人にも大変オススメとなります。

手作り生姜シップで血行促進

2015-03-27


おはようございます。
浦安のいちご整体院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。慢性的な肩こりの症状で悩んでいる人は、患部にマッサージを施したり、ツボ指圧等あらゆる方法で痛みを改善する努力をしていると思います。

中には、仕事帰りの時間を利用して、整体やあん摩などに通院している人もいるでしょう。

肩こりになる要因は様々で、そのまま放置しておくと、頭痛や腰痛、眼精疲労などあらゆる症状を引き起こしてしまいます。

インターネット上には、自宅でも手軽に行えるリンパマッサージやツボ、ストレッチ等様々肩こり改善方法が紹介されていますが、その他にも食品を使った肩こり改善湿布を手作りで作る事が出来ます。

肩こりに効く湿布は、市販されていますので、近くの薬局に行けばすぐ手に購入できます。

しかし市販されている湿布には、薬品が使用されていますので、皮膚の弱い人はすぐにかぶれてしまう事が多いといいます。

そこでオススメなのが、食品を活用した湿布です。

生姜を使った湿布は、薬品を一切使用しませんので肌の弱い人でも安心して使用できると思います。

生姜湿布は、生姜の絞り汁を活用しますが、汁を直接肌に塗布しますと肌がかぶれてしまいますので、5倍から8倍程度に薄めた液を使用しましょう。

絞り汁をタオルやカーゼに浸し、患部に直接塗布してください。

肌の弱い人は、10倍から15倍程度に薄めた液を使用し、肌の状態を見ながら濃さを調節するようにしましょう。

生姜汁は、血行促進効果も期待できますが、香りも楽しむ事ができますのでリラックス効果も得られると思います。

その他にも湯船に、みかんの皮を浮かべたり、酢や塩を混ぜたものも血行促進効果があると言われています。

肩こり改善には、身近にある食品を活用する事も出来ますので、余った材料等がある場合は、活用してみると良いでしょう。

しかし肌に傷がある場合等は、炎症をひどくする可能性もありますので、傷が治った後で使用することをオススメします。

市販の湿布を使用する場合の注意ですが、断続的な肩こりの場合は、流れの悪くなっている血流を良くし、溜まっている老廃物を排出しなければいけませんので、温湿布が効果的で、筋肉に炎症を起こし熱を帶びている場合は、冷湿布を使用するようにしてください。

自宅で簡単お灸マッサージ

2015-03-25


おはようございます。
浦安のいちご整体院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。若いOLさんの間で密かなブームなっているというのが、自宅で使えるお灸です。

お灸は、鍼灸専門院でしかできないようなイメージがあり、一度も経験した事が無いという人も多いと思います。

しかし最近では、様々種類のお灸が一般的に販売されており、だれでも簡単に取り入れる事ができるのです。

なんとなく、体がだるくすっきりと元気がでない、疲れが解消されない等、けだるい「気」を解消できるのが、お灸なのです。

筋肉のハリにより、頭痛や肩こりなどを解消するのによく利用されるツボは、使いすぎてしまった機能を緩和するのに効果的ですが、お灸による刺激は、日頃あまり使用されないようなたるんだツボを活性化させるのに効果があると言います。

火を使いますので、使い方が難しいように思われがちですが、体にあるツボの位置さえが分かれば、すぐに利用する事も出来ますし、市販されているお灸セットには、ツボの位置が表示されている説明書も同封されているメーカーの物もありますので、購入後すぐにつかえるのもいいですよね。

最近では、定番のもぐさの香り以外にも花の香りや、森林の香り、緑茶の香りなど匂いを楽しむお灸も販売されているようですから、リラックス効果も期待出来ると思います。

毎日決まった生活を送っている、特に運動はしていない、車や電車通勤が多いという方には、非常にオススメで、体を動かす事が少ないライフスタイルにはぴったりのアイテムだと思います。

お灸は、体のエネルギーとなる「気の流れ」を調整し、「巡り」をよくする事ができますので、新陳代謝を高めそれにより内臓機能が正常に働きます。

その結果、慢性的ななんとなくだるいといった悪い気の流れを解消し、活力ある生活を送る事が期待できます。

お灸はもともと民間療法のひとつとして、各家庭で活用されていた行為ですからコツさえ掴めれば安心して、使用できるのではないでしょうか。

理由のないイライラ、肌荒れ、足のむくみや頭痛に・・・月経前症候群について

2015-03-23


おはようございます。
浦安のいちご整体院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。健康的な女性であれば、必ず毎月起こる月経前症候群ですが、パートナーの方にも理解される事ができない辛い症状となります。

早い人では月経の2週間くらい前には、発症するといわれており、その症状も人によって様々です。

特に多いのが、理由のないイライラや、肌荒れ、足のむくみや頭痛、下痢などの症状が続きます。

月経前症候群は、月経開始とともに解消される一時的なものではありますが、日常生活に支障をきたしてしまうような重度の症状を引き起こす方もいるといいますので、少しでも痛みを緩和出来るようにしなければいけません。

薬などを活用される方もいますが、あまりにも症状がひどい場合は、産婦人科など専門医に相談することもオススメです。

その他にも整体やマッサージ等で、体の緊張を解し精神的なリラックス効果を得る事もできるようです。

月経前症候群になると腰の痛みや、下腹部の鈍痛、冷え性により代謝機能の低下、足のむくみやニキビ等の吹き出物等は、整体やマッサージによる肌への刺激により血行不良を改善し、症状を抑える事ができるとして注目されています。

自宅で取り入れる場合には、アロマオイル等リラックス効果のある精油を活用すると良いでしょう。

月経前症候群の症状に効果のあるマッサージとしては、ホルモンバランスの乱れを解消する神道(しんどう)というツボが効果的です。

神道(しんどう)は、首を前に倒した状態で、付け根部分から5個程度下にあるせ骨となりますので、ゆっくりと指圧するようにしましょう。

3秒間指圧した後は3秒離すを繰り返し10回程度行うようにしましょう。

さらに血行促進効果のある血海(けっかい)は、膝の裏にある部分となりますので、神道(しんどう)と同じ要領で指圧を行いましょう。

月経前症候群のツボ押しは、体内に流れている気や血流を良くし、症状を緩和させる事ができますので、体調と相談しながら、無理のない程度に取り入れるようにしましょう。

フェイスタオルで血行を良くしよう

2015-03-04


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

加齢や仕事のストレス、さらには食生活の乱れにより、顔のむくみやシワ、目の下のクマ、くすみ等の肌トラブルを引き起こし、多くの女性の悩みの一つに挙げられます。

血行不良が原因となっている場合が多く、血流を良くする事が最も効果的な改善方法であると言われています。

しかし実際行うとなると運動が苦手、マッサージも継続できず、三日坊主で終わってしまうという方も多いようです。

ですが血行不良を改善することなく、そのままの状態を放置しておくと、確実に老化を進めてしまい、さらにはそれ以外の健康被害も引き起こす要因となります。

ですから出来る限り早期に対応する事がオススメです。

血行を良くするにはやはり、適度な運動や、半身入浴等で汗を排出する事が一番適切な方法となりますが、時間がとれず継続することが難しいと思われる場合には、さらに簡単に出来る方法があります。

いつものスキンケアの時にプラスするだけで、簡単に血行促進効果を高め、さらには透明感ある美肌を手に入れることも期待できます。

まずフェイスタオルで、蒸しタオルを作ります。

水をたっぷりと含ませ、軽く絞るったタオルをビニールの袋にいれ、電子レンジで1分間加熱します。

すると簡単に蒸しタオルが完成しますが、電子レンジのメーカーによって時間が前後しますので、調整をしてくださいね。

蒸しタオルを顔全体に覆って使用するのですが、熱すぎるとヤケドになってしまいますので、温度には十分に注意をしましょう。

鼻の部分は確保しつつ、顔全体を包み込むように2分から3分間顔を温めましょう。

あまりの気持ちよさに、ついつい長時間置いてしまう人もいますが、タオルが冷たくなってしまうと逆効果になってしまいますので、タオルが温かい内に取り除くようにするのがポイントです。

それから通常のスキンケアを行うと、いつも以上に良い化粧ノリを実感することができるでしょう。
女性だけでなく、男性の目覚めにもすごくオススメの方法となります。

1日15分の足裏健康法

2015-03-03


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

足は第二の心臓という言葉は誰しもが聞いた事があると思います。
足の裏には、数多くのツボが集まっており、体内のあらゆる器官と直結した神経が集中しているのです。
ですから血行不良となり、足の裏に老廃物が溜まってしまうと、身体に様々な悪影響を及ぼすと言われています。

足裏健康法は非常に簡単で、短時間で行う事ができますので、適度なマッサージを取り入れて、健康的な状態を維持するようにしましょう。

私たちは日々2本の足で歩いていますので、体重を支える為に足裏は日常的に酷使しています。
このことを踏まえ、毎日少しずつでも継続してマッサージを心がけるようにしましょう。

主婦の方であれば長時間立ち仕事をするキッチン等に竹踏みや足ふみマット等を置いておくだけでも手軽に足裏を刺激することができます。

その他にも椅子に座ったままの状態で、かかとを床につけ、指先だけを持ち上げて足の指を伸ばしたり、縮めたり、広げたりを20回から30回の2セット行いましょう。

次に右膝に左の足首をのせ、親指を左右に10回、反対の足も同様に行います。
さらに足の指全体の間に、手の指をすべて絡ませて、外側に押しながら揉みほぐします。
左右5回づつ行いましょう。

最後に爪先立ちを5秒キープ、かかとから下ろして元の位置に戻る。
これを10回行なって終了です。

1日たったの15分、しかも自宅でもオフィスでもどこでも取り入れる事ができますので、簡単に健康を維持する事ができますよ。

« Older Entries