Archive for the ‘冷え性’ Category

足裏の反射区刺激で腰痛、肩こり解消!

2015-03-01


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい

肩こりや腰痛、頭痛や背骨の痛みなどは、体のどこかの機能に異常がある場合が多く、本来の原因となっている部位とは、全く別の場所に筋肉の緊張症状や知覚的痛みといった症状を引き起こします。

このように体のどこかが悪くなり、全く別の場所に痛みを発症させることを反射(はんしゃ)とよんでいます。

特に足裏には、体のすべての部分における病気の症状が分かるような反射区と言われるものが存在します。

例えば、慢性的な腰痛の症状で悩んでいる方の場合にもこの反射区にサインが現れます。

土踏まずの内側部分とその横の小指周辺まで広がる部分を押すとかなりの痛みを感じると言われています。

現在腰の痛みがある方は、足裏の反射区を押してみると良いでしょう。

また腰の動きが硬く、凝っている場合には、足裏の反射区も硬くなっている事があります。

腰痛の症状で悩んでいる人は、足裏の反射区の血行をほぐすようにマッサージを取り入れるといいでしょう。
指で指圧したり、たけふみをするだけでも効果があります。

初め指圧する場合、飛び上がるほどの痛みを感じる方もいるようですが、その痛みを我慢して刺激を
与え続けることで、腰が軽く、スムーズに動けるようになります。

反射区の違和感も徐々に軽減されますので、最終的に刺激されている事が気持ちよく感じるようになるでしょう。
土踏まずの内ヘリ部分は、背骨の反射区で、その左右に腰の反射区があります。

腰の痛みと足裏の反射区をよく照らし合わせ、痛みがある場所を重点的に刺激してあげるといいでしょう。
ただし、同じ場所ばかりをたたくのではなく、左右バランスよく刺激してあげましょう。

1回につき3分の1日2回を目安におこなってください。
就寝前にご家族の誰かに踏んでもらうのもいいですよね。

冷と温で血行促進アップ法

2015-02-26

おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい

現代人は、常にエアコンの冷たい外気にさらされ血行不良を引き起こしていると言われています。

血管というのは、通常温めると広がり、冷やすことで縮小する働きがあります。

しかし長時間のエアコンや、運動不足により、血管の拡張や収縮の働きが弱くなることで、新陳代謝機能が低下し、冷え性や全身の倦怠感、さらには足のむくみや、頭痛、ホルモンバランスの乱れ等様々な症状を引き起こしてしまします。

さらに代謝機能が低下すると、汗もかきづらくなりますので、体温調整が上手にできないどころか脂肪燃焼機能も低下し、肥満体質をつくってしまうのです。

血管の収縮、拡張作用を高める方法には、冷やしたり温めたりすることが有効です。

まず血行不良による全身のむくみの症状には、シャワーを活用した方法があります。

39度から42度程度のお湯を、3分程度むくみがひどい部分にかけます。

患部が十分温まったらそのあと20度程度の水を3分程度かけましょう。

この動作を5回程度繰り返し行なって下さい。

シャワー以外にも洗面器やバケツを活用して足湯を作る事ができます。

バケツや洗面器に42度程度のお湯をハリ、そこへ足を15分程度つけます。

途中湯が冷めないように調整しながら足をたためるようにしましょう。

足湯はテレビを見ながらでも本を読みながらでも取りれる事ができますので大変オススメです。

足を温めることで、全身の血行を良くする事ができますので、代謝をアップし冷え性や腰痛、頭痛などの体調不良を改善することができます。

冷えからくる肩こりにはお灸がおすすめ

2015-02-23


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい

夏の間は、エアコンによる冷え、さらに季節が冬へを移行すると、外気温による冷えなど私たちの体は、常に外的要因にさらされていると言えます。

そのため、厚着をしたりといろいろな方法で、体温を維持しようと努力をするのですが、なかなか外気温との差に体温調整が乱されてしまい、体の芯まで冷えてしまうケースがあります。

体が冷えてしまうと、肩こりをはじめとする頭痛や倦怠感など、内臓機能の低下によりさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

それ以外にも、胃腸機能の乱れから消化吸収が十分に機能せず、血行不良や疲労回復のための栄養不足となってしまうといいます。

体の芯から冷えが起こってしまうと、常に体が緊張状態になりますので、知らず知らずに肩をしぼめるようなしぐさをとってしまい、前屈姿勢となりますので、首や背中に必要以上に負担をかけてしまいます。

そのような場合は、お灸を上手に活用して体の芯から温めるように心がけましょう。

一般的な頭痛には、お灸の効果は弱いのですが、冷えからくる頭痛改善には、非常に効果が高い事が分かっています。

その他にも、お灸をすると副腎皮質ホルモンの分泌が活発になりますので、低血圧ぎみの方の肩こりにも適しています。

お灸の跡が残ってしまうのが気になるという方は、無痕灸というものもありますので、自分の体質に合わせたものを選ぶようにしましょう。

本来、鍼灸院などで専門医による、施術を受けたほうが良いのですが、最近では、手軽にお灸ができるようにと薬局などで購入できるタイプのお灸もあります。

市販されているものは、切りもぐさと散りもぐさと言われているもので、大きさもさまざまです。

例えば有跡灸などを利用する場合は、親指と人差指で摘める程度の量、米粒大程度の量を肩にあるツボにおき

ます。

その場合、円すい状にのせるようにし、お線香を回しながらもぐさに火をつけてください。

首の付け根あたりに、骨と肩峰の間ほどにあるツボは、肩井(けんせい)と呼ばれており首や肩のコリを改善できます。

その他にも左右の肩甲骨上骨のすぐ下の部分の肩甲棘の縁にある曲垣(きょくえん)、さらにはうでのすぐ横、うでを上げるとできる肩先のくぼみにある肩ぐう(けんぐう)も肩こりに効果のあるツボとなります。

お灸を行っている間は、全身の力を抜いてリラックスすることも出来ますので、全身の緊張をほぐせることで首や肩のコリを解消できると思います。

更年期障害と大豆イソフラボン

2015-02-17


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

更年期におすすめのサプリメントについてです。女性の更年期障害は女性ホルモンを投与することで、かなり軽減されます。

サプリメントで同じ作用が得られるならば、利用したいと考える人は大勢いるようです。

更年期障害の対策を病院で行うことはできますが、ガンの恐れがあるといいます。

リスクを含む治療を避けて通れるのであれば、避けたいという人は多いでしょう。更年期の方向けのサプリメントを利用することで気になる副作用のリスクをできるだけ最小限に抑えて、更年期障害を克服することもできます。エストロゲンが体内で不足することが、年配女性の更年期障害の原因となりがちです。

エストロゲンの補給に効果があるとされているものに、大豆のイソフラボンがあります。

大豆イソフラボンのサプリメントは、近年種類が増えてきているようです。

エストロゲンと大豆イソフラボンは構造的によく似ており、大豆の胚芽に存在しているポリフェノールの一種です。

エストロゲンが不足している時は、エストロゲンに似た作用がある大豆イソフラボンが役に立ちます。

大豆イソフラボンを確実に摂取するためにサプリメントを上手に使うことで、足りないエストロゲンの代わりにすることが可能です。

更年期障害の対策を講じたいという人にとって、大豆イソフラボンのサプリメントは願ってもないものです。

では、また明日

冷え性解消と血行促進

2015-01-27

おhttps://www.youtube.com/watch?v=ne5LPjE-z4Y
はようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

1年を通して手足の冷え悩んでいる人が多く、特に女性のほとんどの方は冷え性だと言われています。

規則正しい生活をおくることや、できるだけ足を冷やさないように心がける、さらにはゆっくりと入浴して、身体の芯から温めるようにするなどいろいろな方法があります。

それに加えてマッサージやストレッチを取り入れるのも効果的に冷え性を改善することができます。

とはいえ、仕事をしている方や、家事や育児など運動をする時間などなかなか確保できないという人には、ちょっとした時間にできる方法があります。

仕事の通勤や、移動手段として電車を活用されるという人には、つり革を活用したストレッチがオススメです。

つり革につかまって、背筋をピンと伸ばした姿勢で30秒程キープしてください。

全身の筋肉が伸び、内臓機能が正常な位置に整いますので、代謝を高める事ができます。

一駅ごとに1セットと考える楽しく実行できそうですよね。

しかも血眼になって席を確保する必要もありませんので、ストレスなく朝の通勤をエンジョイできるのではないでしょうか。

さらに職場や自宅での階段の登り下りの際には、つま先だけで昇るようにしてみましょう。

エレベーター等を使用せず、せめて1階分だけでも階段を利用するようにしてみるのはどうでしょうか。

冷え性改善以外にも、ダイエット効果もありますので大変オススメです。

主婦の方であれば、キッチンで料理をする際、つま先を上げたり下ろしたりする動作を繰り返すとふくらはぎの部分が伸び縮みしますので、すっごく気持ちよく、血行促進効果が高くなります。

一品1セットとして行うと良いでしょう。

美脚効果もありますし、忙しい毎日でも無理なく取り入れる事ができますよね。

ふくらはぎの筋肉が適度に刺激され、血行促進が良くなりますので、冷え性を改善し、さらには新陳代謝を高められますので、自然と痩せやすい体質を維持することも可能です。

お風呂上がりの肩こり解消ストレッチ

2015-01-12


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

つらい肩のこりで悩んでいるという方は、就寝前やお風呂上りのタイミングを利用して積極的にストレッチをしましょう。

ストレッチを行うことで、筋肉のコリをほぐし、代謝機能をアップできますので、自然で質の良い睡眠を得ることが出来ます。

ストレッチを行ってから睡眠をとるのと、やらないのとでは、次の日の寝おきに大きな違いが生じます。

健康的で活発な1日をおくり、仕事の効率をアップさせたいと考えているのであれば、継続したストレッチを取り入れるようにしましょう。

首のストレッチを行います。

リラックスした状態で、真っすぐ立ちます。

肩に力を入れないように気をつけ右、左に各10秒ずつ首を傾けてください。

これを10回づつ繰り返しましょう。

次に手を使って首の筋肉を伸ばしていきます。

無理をしない程度の力で、左手で右の頭部を左肩に向けてグーッと引き寄せます。

30秒静止したら、反対の首の筋肉も同じように伸ばしてください。

次は肩の筋肉をほぐしましょう。

左の腕を上に押し上げ、右手で引っ張ってください。

左の脇腹の筋肉を伸ばすようなイメージで行うといいでしょう。

30秒キープしたら、同じように反対側もおこなってください。

最後に背中の筋肉を伸ばしましょう。

肩幅よりやや広めに足を開いたら、両腕を前でクロスします。

クロスした手をゆっくりと左右に開いていきましょう。

腹式呼吸を行いながら、30秒かけて開いていきます。

この場合、膝を曲げ、やや上半身を前に倒した状態で行うといいでしょう。

この動きは、1セット30秒の2セット取り入れるようにしましょう。

肩こりと睡眠の深い関係について

2015-01-09


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

肩こりの症状を緩和する方法に、質の良い睡眠が挙げられます。

質の良い睡眠ができると、肩こりのつらい症状を緩和するだけでなく、ストレスの解消や内臓が正常に機能しますので、健康的で若々しい生活を送れます。

しかし現代社会で生活している私たちは、多忙な毎日によって、不規則な生活を強いられています。

その為、睡眠が十分にとれていない方が多く、そのストレスからさらに不眠症を引き起こしているという悪循環があります。

睡眠が取れない状況が続くと、肌あれや全身のコリ、肩こりや頭痛、腰痛や眼せい疲労などの症状が起こります。

また休みの日に、たっぷりの睡眠をとってもなかなか疲れが改善できず、慢性的な倦怠感を感じているという方も多いようです。

現在、一般成人の平均睡眠時間は、6時間だといわれ、やや少ないように思いますが、質の良い眠りを取り入れることで少ない睡眠時間でも十分に1日の疲れをリセットできる効果があります。

午前0時に就寝し、朝6時に起きるのが、良い睡眠だと言われています。

寝付きが悪く、夜中に何度も目が覚めてしまうという方は、たくさんの睡眠時間を確保しても十分な睡眠をとっているとはいえず、体の疲れを取り除くことが難しいでしょう。

良い睡眠を取るためには、就寝前に軽めのストレッチをとりいれ、筋肉の緊張を取り除くようにしましょう。

本格的に体を動かすと、興奮して寝付きが悪くなりますので、肩こりの症状を悪化させてしまいます。

ベットに仰向けの状態になったら、右足を左太ももにかけ、上半身を右方向へぐ~っとひねってください。

両手は、45度の場所にキープし、体を支えるようにしましょう。

左右20秒の2セットを行うだけで、全身の筋肉を解すことが出来ますので深く眠れるようになります。

また自然な睡眠を促すためにも、適度なウォーキングがお勧めです。

不眠症で悩んでいるという方は、歩くことで眠りやすい体質へ改善できると言われています。

質の良い眠りを取り入れることは、肩こり改善効果があるだけでなく、メンタル面にもリフレッシュできますので、早速今日からとりれていましょう。

腰痛改善ひも体操

2015-01-08


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。
つらい腰痛を改善するために、ストレッチを取り入れて、筋肉のはりを改善しましょう。

腰痛改善のアイテムやグッズは、数多く販売され、便利なものからハイテク機能を搭載しているものまで幅ひろく存在します。

ただし、価格も高額なものなどもありますので、なかなか購入できないと諦めている人も多いでしょう。

しかし自宅にあるものでも簡単に腰痛改善ができますので、まずは、簡単なストレッチから取り入れましょう。

どのご家庭にもあるひもを使った腰痛改善体操を紹介します。

ひもの素材は、特に問題ありませんが、切れやすいものを使用するととても危険ですから、できるだけ丈夫なひもを使うようにしましょう。

ひもの長さは90センチくらいが良いでしょう。

腰の幅程度に、足を広げ、下腹部やお尻をぎゅっと引き締めた格好で仁王立ちします。

あごをひき、肩幅くらいに両腕を開き、ひもを両手に持ち軽く引っ張ります。

そのままの状態で、左に体をひねります。

この場合ひもがたるんだり、短くなったりしないように注意をし、上半身だけをひねるようにしましょう。

ゆっくりと深呼吸をしながら、左右交互に行います。

インナーマッスルに意識をしながら行うとより効果を期待できます。

立っておこなうのがつらい場合には、椅子に腰掛けた状態でも問題ありません。

左に10回、右に10回を毎日2セット続けるようにしましょう。

女性の場合、ウエストを細くする効果もありますので、スタイルアップにもつながるでしょう。

生理痛に関連する骨盤にあるツボ押し

2015-01-07


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。
思春期を迎えると女性のからだは大きく変化し、生理がはじまります。

女性ホルモンが分泌されることで、妊娠をし、女性としての喜びを感じるのです。

しかしそれと同時に多くの女性が、からだの不調を感じるようになります。

生理痛とは、腰の痛みや下腹部の鈍痛、頭痛やけん怠感、イライラなどさまざまな異変が起こります。

生理痛は、女性にとってはつらい経験で、男性には理解してもらえないという別のつらさもあります。

その期間は、できるだけリラックスして過ごすように心がけ、少しでも生理の痛みを取り除くように心がけましょう。

生理痛に効果のあるマッサージやツボがありますので、オフィスや外出先で痛みを感じた場合には、すぐに実践できるようにしましょう。

仙骨(せんこつ)には、生理痛に効果のあるツボがあります。

仙骨は尾骨の上、腰椎の下に位置しており、最近では、骨盤ダイエットの重要な部分としても注目されていまさう。

尾骨の上の両わきを指で触ってみると、左右に4対になる凹みが見つかります。

その部分を適度な強さで、指圧してみるといいでしょう。

徐々に痛みが和らいできますので、ゆっくりと焦らずにひと押し2秒程度で指圧しましょう。

自分でやりづらい場所にありますので、ご家族の方に協力してもらうのが一番良い方法です。

次に三陰交(さんいんこう)のツボですが、三陰交は、くるぶしの内側で、ちょうど指の横3本分くらいの位置にあるツボとなります。

指の腹を使って押してみると、痛く感じるところがツボがあるところです。

その部分をマッサージする場合には、最初は軽く、徐々に力を入れていくようにしましょう。

強くやりすぎるのはいけませんので、痛いけど気持ち良い程度の力加減でとりいれてください。

肩こり解消のための正しいウォーキング法

2015-01-06


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

最近では、若い人からお年寄り、女性や男性など多くの方がウォーキングをしている姿を目にします。

人間の体は、歩くという動作をすることで、全身の筋肉を効率良く使用し、健康的な体を作ることができると言われています。

特にウォーキングは下半身の筋力アップを行います。

足は第二の心臓と言われているくらい重要な部分で、下半身に蓄積されやすい老廃物や余分な水分を押し上げ、血液の流れを正常に機能させるポンプのような役割をになっています。

血液を押し上げると、心臓や肺などの機能が活発となり、血液の流れがよくなります。

全身に巡る血の流れが正常に行われますので、冷え性を改善してくれます。

冷え性が原因となっている肩こりの症状は、この下半身の機能が低下していることが考えられますので、血の巡りをよくするためにもウォーキングをとりいれてみるといいでしょう。

下半身の機能低下は、肩こりや冷え性を引き起こすだけでなく、脂肪燃焼効果も悪くなり、脂肪が蓄積しやすくなります。

その為下半身に脂肪がつきやすくなるなど、バランスの悪い体形を作る原因となりますので、特に女性は積極的に取り入れるようにしましょう。

たかがウォーキングと考えている方も思っている以上の効果を期待できると思います。

中にはやり始めて数週間で肩こりのつらい症状が緩和でき、冷え性を改善できたと感じている方もいるようです。

正しいウォーキングとは、10m先に目線をおくり、背筋を伸ばした状態で歩くように心がけましょう。

またかかとから着地、つまさきで蹴り上げるという歩き方が理想的です。

歩幅を大きめにし、少し早めのテンポでリズムよく歩きましょう。

腹式呼吸を心がけ、腕を大きく振って歩くと、肩こり改善には効果をアップできます。

ただ無理をすると足腰に負担がかかってしまうことがありますので、徐々にペースを上げるように注意をしましょう。

音楽を聞きながら、周りの景色を楽しみながら、お友だちやお子様と一緒に楽しく長く続けられるといいですよね。

« Older Entries Newer Entries »