Archive for the ‘骨盤’ Category

股関節の周りの筋肉を鍛える「腰割り」

2015-04-28


股関節は人体で最も大きな関節で、体重を支えたり、歩行などに重要な役目を果たします。

股関節の周りの筋肉が硬いと、ひざや腰を痛める原因となります。

今回は、股関節の周りの筋肉を鍛える「腰わり」をご紹介します。

腰割りは相撲の四股(しこ)を踏む基本姿勢で、太ももなど股関節を取り巻く筋肉だけでなく、

体の奥の細かい筋肉など普段はなかなか鍛えることのない部分にも刺激を与えます。

①足は肩幅より広く開きます。

②背筋を伸ばしたまま、自分が下ろせる位置まで腰を落とします。

 この時、ひざと爪先の向きがそろっていることが重要です。

1回の上げ下げは5秒程度。10回繰り返します。1日2~3セット行うと効果が表れてきますよ♪

1日たったの3分間の腰痛改善ストレッチ

2015-04-04


おはようございます。
浦安のいちご整体院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。
現代人に最も多いと言われている日常的に発生する体の不快感に肩こりや腰痛があります。

肩こりや腰痛の症状は、鎮静剤を使用すると一時的に痛みから解放されます。

しかし痛みを作ってしまう、日常生活を改善できなければまたすぐに痛みを発症させてしまいますので、いつしか薬物依存といった怖い症状を引き起こしてしまいます。

できれば薬を使用せずに肩こりや腰痛の痛みを引き起こしているその原因となっているものを改善し、適度な運動を取り入れることで筋力のアップや良質な筋肉を作る事が望ましいでしょう。

まずは自分の生活スタイルの改善をおこない、肩こりや腰痛の原因となっている悪い姿勢を矯正、または寝具の取替えや仕事環境の改善など、簡単にできることから見直す必要があります。

その他にも腰痛や肩こりの症状が少しでも感じ始めたら、毎日のストレッチを少し続けも継続できるようにするといいでしょう。

ストレッチは、専用の器具を必要としませんし、大幅な時間を作る必要もありませんので、無理なく簡単に取り入れる方法となります。

腰痛に効果のあるストレッチ方法としては、床やマット、畳で仰向けになった状態で行います。

左右の両手を横に伸ばし、両足は45度くらいになるように立てた状態にします。

このままの姿勢を保ったまま、両膝を付けたまま右方向へ倒します。

この場合、両手は固定したままで、頭は左方向へ向けるようにしましょう。

ゆっくりと息をはきながら3秒間キープします。

元の位置に戻す場合は、ゆっくりと息をすいながら両肘を戻します。

左右交互に10回づつ行ってください。

1日たったの3分あれば腰痛改善や予防にもつながりますし、骨盤矯正効果も期待できます。

インナーマッスルと鍛えることもできますので、自然と痩せやすい体質を作ることもできるでしょう。

特に体力や筋力がない方でも気軽に取り入れられる方法となりますので、女性や高齢者にもオススメの方法となります。

整体で身長が伸びる!

2015-02-28


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

他の人に比べると身長が低いと悩んでいる人や、スポーツ、モデル、といった自分の目指している先にどうしても身長が求められているという場合は、どうにかして今の身長を伸ばそうと努力をするでしょう。

カルシウムが良いと耳にすると魚や牛乳等ばかりを摂取したり、棒にぶら下がると身長が伸びる等、都市伝説とも思えるような情報が飛び交っています。

医学的な見解から成人の身長を急激に伸ばせる方法はないと言われていますが、姿勢の悪さ、筋肉のハリを改善し、さらには背骨の歪みを矯正することで多少なり身長を伸ばす事ができるという可能性もあります。

まだ成長期のお子様の場合は、テレビを見ている姿勢やゲーム、さらにはパソコン等を長時間行なっている姿勢を矯正するだけでも大きく違いが出てくるでしょう。

これからまだまだ成長の過程にあるにも関わらず、猫背の姿勢をとっていると、それが身長を伸ばす障害になる可能性もあります。

そればかりではなく、内臓の機能低下も引き起こされますので、身長を伸ばしたいと思っているのであれば、正しい姿勢を取る事を心がけましょう。

おしりとお腹にギュッと力を入れて背筋を伸ばし、目線を真っ直ぐにした姿勢が一番良い姿勢なのですが、ついさっきまで、猫背など悪い姿勢で生活をしていた人が、急に正しい姿勢をとった場合、なんだか気持ちが悪く、逆に悪い姿勢になったという錯覚を持つようです。

これは、頭の中の意識と身体の意識のズレによるもので、このズレを矯正する事こそが姿勢矯正の本当の成功だと言えます。

例えば変なフォームでスポーツを行なっている場合、正しいフォームに改善するのは並大抵の事ではなく、かなりの時間がかかると考えれます。

ですから短期間で結果を得ようと焦るのではなく、3ヶ月から半年間かけて姿勢を矯正するという気軽な気持ちで実行しましょう。朝、目が覚めたら、意識の中で背筋を伸ばすというイメージを植え付けるようにしましょう。

そうすると無意識に背筋を伸ばし、その日1日を正しい姿勢で行動する事が出来るはずです。

実際に身長が数十センチも伸びるというような事はないと思いますが、背筋を伸ばした姿勢というのは見ていて印象が良いものです。

例え身長が低くてもスラっとした長身に見える事もあります。

逆に猫背の姿勢を長年続けているとその分身長は低くなります。

そう考えると毎日のちょっとした意識矯正により、身長を縮める事は避けられますよね。

腰痛体操と姿勢矯正体操

2015-02-22


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい

腰の痛みに悩んでいる方がいますが、その原因に人によってさまざまです。

その中の一つにある日常の何気ない癖によっても、腰の痛みを発症させてしまうことがあります。

それは、いつも同じ足だけを使った足組みの癖のある人や、ショルダーバックをいつも同じ肩にかけるという人、ガムをいつも同じ歯でかむ癖のある人など、日常的に左右非対称に体を使う方は、非常に多いと思います。

その何気ない左右非対称の癖は、筋肉のバランスを崩している大きな原因となっているのです。

人間の筋肉は、全てつながっています。

特に腰の筋肉は、体の中心になり、最も筋肉が集中するか所となりますので、日常の癖によりバランスが崩れてしまうと、まっさきに腰の筋肉に炎症が起こり痛みを発症してしまうのです。

ですから、左右対称ではない日常生活を送っていると当然体全体の筋肉のバランスを崩してしまいますので、腰椎周辺にある筋肉のバランスが乱れてしまいます。

バランスを崩した腰の筋肉は、どうにか体勢を整えようと、一方の筋肉に負荷をかけてしまいますので、その結果筋肉にこわばりが起こり、神経に非常以上の負荷をかけてしまうというのです。

ですから左右非対称の生活を知らずに行っているという方は、まず意識して改善してみる必要があるでしょう。

筋肉のバランスが乱れると、骨盤のゆがみを発症させ、顔のゆがみやたるみ、さらには代謝機能低下がおこりますので、下半身が太ったり、老化の原因といわれています。

腰の痛みを感じた場合にオススメの体操があります。

姿勢矯正体操は、椅子に座った状態で実践できますので、自宅やオフィスの休憩時間を利用して取り入れるようにしましょう。

姿勢矯正体操は、左右非対称の生活を送っている方の腰椎のゆがみを取るための体操となります。

特に体が硬いと感じている方や、足の筋肉などが衰えている、バランスが悪いと自覚している方へ非常に効果があります。

椅子に座ったまま胸をそらしていきましょう。

この運動は、縮んでしまった腰や背中の筋肉を伸縮させるための体操となります。

椅子に深く腰掛けた状態で、両手を腰にあててください。

腰を押し、体を前に押し出しながら、背中の筋肉を伸ばすようなイメージで、胸を思いっきり張りましょう。

深呼吸をしながら10秒姿勢をキープします。

この動作を3セット行いましょう。

次は、骨盤のゆがみを改善できる姿勢矯正を行いましょう。

この体操は、前の方向へ傾きすぎてしまった骨盤の傾斜を整える体操となります。

両足を肩幅より若干広めに開き、おなかを凹ませながら背中を丸めて、おへその辺りをのぞき込むようにします。

グーッと10秒おへそを見つけたら深呼吸をしながら元の位置に戻ってください。

この動作を3セット行いましょう。

この姿勢矯正はたったの1分できる簡単体操となりますので、オフィスや家事の合間を使って毎日取り入れるようにしてください。

姿勢矯正で首痛予防改善法

2015-01-19


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

首の痛みを抱えている方は、姿勢矯正を行うといいでしょう。

猫背などの前屈姿勢や、歩行時の癖、テレビやパソコン、仕事をする時の座り方など悪い姿勢をとり続けることで徐々に首の筋肉が凝り固まったり、炎症を引き起こす事があります。

首の痛みというのは人それぞれで違いますが、その原因の多くは、姿勢の悪さだと言われています。

本来の正しい姿勢というのは、体を横から見た場合にS字型なっている事が理想なのです。

S字カーブの方は、頭と首、背骨や腰の負担がそれぞれに分散していますので、一方に偏った負荷をかけることがなく、筋肉を必要以上に疲労させることはありません。

しかし頭が前に垂れていたり、おなかが突き出る、背骨が曲がったり、骨盤がゆがんでいるなどの原因があると、体全体のバランスを大きく崩しS字カーブを維持することは難しくなります。

特に頭を支えている首には、大きな負担がかかりますので、首の痛みを取り除くためには、正しい姿勢を維持する必要があります。

りそうてきな姿勢とは、けい椎と背骨が緩やかなS字カーブを描いているという事です。

日常生活で注意すべき点は、椅子に深く座り、背筋をまっすぐにした状態でデスクワークをおこなう。

一方の足だけを組んだ姿勢を避ける。

肩肘をつかない。

などがあります。

その他にも姿勢を崩すようなしぐさや態度は数多くありますので、自分の生活を改めて見なおしてみるといいでしょう。

正しい姿勢をキープできているのかチェックする方法としては、壁に頭と肩甲骨、おしりとかかとをピッタリとつけた状態をとってみましょう。

1日15分壁にピタっと背中をつけた状態をキープするだけでも姿勢が矯正できると言われています。

アゴを引いて両手をまっすぐにのばした状態で1日1回実行してください。

オフィスワークのストレッチ

2015-01-16


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

デスクワークをしているとどうしても肩がこってしまうと思います。

そんな時に座ったままでも手軽にできる肩こりに効果のあるストレッチを紹介しましょう。

肩こり改善ストレッチのポイントは、痛みが強くなるまで無理に伸ばさないようにすることです。

無理をしないというのが、肩こりストレッチのポイントです。

その他にも筋肉を動かしている時、呼吸を止めないように注意をしましょう。

鼻から5秒吸い込み、口をすぼめて10秒かけてゆっくりと息を吐き出す、腹式呼吸が最も良い状態でストレッチをおこなう事が出来ます。

一つの動作につき、20秒から30秒は静止し、各動作を1セットずつとりいれてください。

まず腕や胸、背中の筋肉をほぐすストレッチをおこないましょう。

椅子に座った状態で、両手を腕に伸ばし、そのまま背伸びをします。

次に片方の腕を頭の後ろに添え、もう片方の腕でググっと引っ張ります。

肘が曲がるのであれば、肘を背中方向へ、入れるようにグーッと押し込みましょう。

次に背中のストレッチです。

背中を伸ばした状態で椅子に座り、両手で襟元をつんでそのまま前にグーッと前に倒します。

背中を丸めるように前に倒したら、両肘を胸の前でつけるようにしましょう。

首と背中に意識をして、筋肉を伸ばすように丸く丸くなりましょう。

これだけのストレッチで、全身の血流を促進しますので、疲労物質の乳酸を体外に排出し、肩こりや腰痛改善に効果が期待できます。

猫背姿勢は首や腰に負担をかける

2015-01-15


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

猫背の姿勢で歩いている人をよく見かけますが、猫背の姿勢は、けい椎や体全体の筋肉にかなりの負担をかけていることになります。

猫背姿勢は特に、首への負担が大きく、常に首のこりや全身のけん怠感となっていることでしょう。

また前に倒れた姿勢によって、内臓機能を圧迫し、正常な機能を阻害しています。

理想的なS字カーブから中心線が大きくズレ、首と背骨、腰や股関節にかなりの負担を日々かけ続けています。

猫背を改善せずに生活を続けていると、次第に神経も圧迫されますので、ヘルニアなど重篤な病気を発症させることにつながります。

猫背姿勢がくせになると背骨を支えている筋力が低下し、年齢とともに正しい姿勢を維持するのがつらくなりますので、今のうちに猫背の姿勢矯正をおこなうようにしましょう。

まず座り方に注意をしてください。

オフィスで使用している椅子が自分のスタイルに合っていない場合がありますので、クッションやタオルを利用して、S字カーブが崩れないように工夫をしてみるといいでしょう。

座布団などを利用するだけでも楽な姿勢を取りながらも正しい姿勢がキープできます。

やりはじめこそ、腰の痛みを感じると思いますが、徐々に筋力がアップしてきますので、正しい姿勢を取ることが楽に感じるようになります。

次に肩甲骨を動かすような癖をつけましょう。

椅子に座った状態で、両肩を上に突き上げるようにします。

10秒肩を上に持ち上げたら、そのまま一気に力を抜き、ストンとしたに落とします。

この動きを10回の2セット、1日に1回続けるだけで血流を回復し、筋肉のコリをほぐす事が出来ます。

全身のコリ改善にストレッチポールを使う

2015-01-13


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

肩こりや腰痛改善に効果のある運動はいろいろな方法があり、それらをサポートするためのグッズも数多く販売されています。

手軽にできる肩こり解消ストレッチは、筋肉のこりをほぐすだけでなく、リラックス効果も期待できますので、ストレスを特に蓄積しやすいタイプの人にも大変お勧めの方法です。

肩こりや腰痛など全身の筋肉のこりをほぐすストレッチを無理に続けたりすると逆にストレスに感じることもありますので、楽しく長く続けられるような方法を見つけるようにしましょう。

遊び感覚で、軽い気持ちでおこなえる方法としては、ストレッチボールを活用することがおすすめです。

ストレッチボールは、インターネットや量販店でも安価で手軽に購入できます。

ストレッチボールの上に仰向けの状態で、全身をあずけます。

膝を90度に曲げた状態で、肩幅くらい開き、足の裏をピッタっと地面につけてください。

両腕は、手のひらが地面につくように支え、この状態で深呼吸をしながら、全身の力を抜いてください。

全身の力を抜くことで、首やコシ、背中などの筋肉を伸ばし血行を改善できます。

ストレッチボールをおこなう効果的なタイミングは、入浴後など、体が温まっている状態がお勧めです。

入浴後などは、特に筋肉がほぐれやすくなっていますので、より効果的に肩こりや腰痛、首の凝りを改善できます。

デスクワークなど同じ姿勢を取り続けているという方で、全身の筋肉の凝りを感じている場合には、こまめにストレッチボールで全身の伸縮を行うようにしましょう。

腰痛によるストレスを緩和させる方法

2015-01-10


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。

毎日続く腰の痛みに、ストレスを感じている方も多いことでしょう。

また以前に腰の痛みで長くつらい、思いをした経験がある人ももう二度とあの痛みを経験したくないと感じている場合には、何かしらの予防をとらなければなりません。

特に仕事柄、腰や全身の筋肉を酷使する方は、適度なストレッチを取り入れることをお勧めします。

椅子に座ったままでできる簡単なストレッチがありますので、仕事のちょっとした合間を使って筋肉をほぐすようにしましょう。

デスクワークを続けている人の場合には、つねに椅子に腰掛けていることが多く、朝から帰宅時間まで全く姿勢が変わらないという場合もあります。

そのような姿勢を続けていると、たまに立ち上がった時に腰が重く、違和感を感じることもあるでしょう。

その状態が長く続くと、これまで感じたことのないつらい腰の痛みに悩まされることもありますので、休憩時間にできるストレッチをおこなってください。

できれば1時間に5分は、休憩をはさみ、全身の筋肉を伸ばすようにしましょう。

両腕をまっすぐ上に伸ばし、空をつかむようにしましょう。

その場合、腕は、耳にしっかりとつけ、腕を持ち上げられますか?
上げづらさを感じている場合には、すでに筋肉がこりかたまっている前兆かもしれません。

生理痛に関連する骨盤にあるツボ押し

2015-01-07


おはようございます。
浦安のいちご整骨院から健康情報をお届けします。

もし、この健康情報がお役に立ったら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧下さい。
思春期を迎えると女性のからだは大きく変化し、生理がはじまります。

女性ホルモンが分泌されることで、妊娠をし、女性としての喜びを感じるのです。

しかしそれと同時に多くの女性が、からだの不調を感じるようになります。

生理痛とは、腰の痛みや下腹部の鈍痛、頭痛やけん怠感、イライラなどさまざまな異変が起こります。

生理痛は、女性にとってはつらい経験で、男性には理解してもらえないという別のつらさもあります。

その期間は、できるだけリラックスして過ごすように心がけ、少しでも生理の痛みを取り除くように心がけましょう。

生理痛に効果のあるマッサージやツボがありますので、オフィスや外出先で痛みを感じた場合には、すぐに実践できるようにしましょう。

仙骨(せんこつ)には、生理痛に効果のあるツボがあります。

仙骨は尾骨の上、腰椎の下に位置しており、最近では、骨盤ダイエットの重要な部分としても注目されていまさう。

尾骨の上の両わきを指で触ってみると、左右に4対になる凹みが見つかります。

その部分を適度な強さで、指圧してみるといいでしょう。

徐々に痛みが和らいできますので、ゆっくりと焦らずにひと押し2秒程度で指圧しましょう。

自分でやりづらい場所にありますので、ご家族の方に協力してもらうのが一番良い方法です。

次に三陰交(さんいんこう)のツボですが、三陰交は、くるぶしの内側で、ちょうど指の横3本分くらいの位置にあるツボとなります。

指の腹を使って押してみると、痛く感じるところがツボがあるところです。

その部分をマッサージする場合には、最初は軽く、徐々に力を入れていくようにしましょう。

強くやりすぎるのはいけませんので、痛いけど気持ち良い程度の力加減でとりいれてください。

« Older Entries